【ラズパイ】Raspberry PiをWebサーバー化する

やり方

Apache + PHP
Setting up an Apache Web Server on a Raspberry Pi – Raspberry Pi Documentation

NGINX + PHP
Setting up an NGINX web server on a Raspberry Pi – Raspberry Pi Documentation

以上。

やってみた

NGINXの方をやってみる。理由は、Apacheだとド定番すぎるから。まあ何でもいいんだけど。

$ sudo apt update
$ sudo apt install nginx
$ sudo /etc/init.d/nginx start

NGINXのインストールと起動は書いてある通りにできた。さすがラズパイ公式。メインPCの方でブラウザにラズパイのIPを打ってアクセスするとNGINXのスタートページが表示された。

このHTMLファイルは/var/www/htmlフォルダにあるそうで、nanoエディタでいじってみようとおもったけど、書き込み禁止になってる。

takeshi@takeshipi:/var/www/html $ ls -al
total 12
drwxr-xr-x 2 root root 4096 Sep  8 21:53 .
drwxr-xr-x 3 root root 4096 Sep  8 21:53 ..
-rw-r--r-- 1 root root  612 Sep  8 21:53 index.nginx-debian.html

所有者がrootになっているので乗っ取る。Apacheのインストール方法説明の中にはこのやり方が載ってた。なんでNGINXの方は載せへんねん。

$ sudo chown takeshi: index.nginx-debian.html

無事編集できるようになった。

これはマズイ。HTML初心者ということがバレる。HEADタグ内に以下を記入。

<meta http-equiv="content-type" charset="utf-8">

よし。

PHPを試す

$ sudo apt install php-fpm
$ cd /etc/nginx
$ sudo nano sites-enabled/default
(設定ファイルを編集~)
$ sudo /etc/init.d/nginx reload

これでPHP7のインストールと有効化が設定された。

$ cd /var/www/html
$ sudo mv index.nginx-debian.html index.php

先ほどのスタートページのファイル名を変更し、適当な場所にPHPのコードを埋め込む。

<p>The time is <?php echo date('Y-m-d H:i:s'); ?>.</p>

赤線の部分がPHPで動的に変わる部分。

おわり

後はルーターのポートフォワーディングを設定すればWebサーバー公開。しばらくはやらないけど。多分。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です