【Boxstertar】GitHub Gistの使い方

Boxstarterとかあんまり関係ないけど、一応Boxstarterを使う時に使えると便利なので、そういう流れで書く。

アカウント作成

そんなに難しくないはず。自分はGitHubのアカウントがあったので、アクセスしたときにGitHubのアカウントでログインした。

やること

コードを書いて置いとく。非公開でもいいし、公開してもいい。

これがGist作成画面。「Gistを書く」的なリンクを探すとここに来るはず。もしくはこのリンクから飛ぶ。

  • Gist description… Gistの説明文。どういうコードなのかの説明を入れると良い。
  • Filename including extension… このコードを保存するときのファイル名。拡張子を付けて書く。
  • 書いたら「Create secret gist」または「Create public gist」をクリック。

はい完了。

作った後は

  • Editボタン 中身を編集できる。
  • Deleteボタン 作ったファイルを削除できる。
  • Rawボタン 生のtxtファイルを表示する(Boxstarterで使う)

こんな感じ。

「All Gists」をクリックすれば他の人が書いたコードが見える。Boxstarterに限らずありとあらゆるコードが公開されている。検索をかけて他の人のBoxstarterスクリプトを見ると色々発見がある。

「Boxstarter」で検索をするとよく分からないコードが出てくるので、「cinst」とか「Set-WindowsExplorerOptions」とかで検索すると、それが書かれているコード(=Boxstarter用である可能性が高い)がヒットする。

まとめ

パッとコードを書いてサッとシェアする。それがGitHub Gist。

1 thought on “【Boxstertar】GitHub Gistの使い方

  1. ピンバック: 【ゼロから始める】Windowsのセットアップ自動化 with Boxstarter | Takeshi's Blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です